FC2ブログ
リレー小説
千葉大学文藝部で行っているリレー小説を公開しています。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2013/01/21(月)   CATEGORY: テーマ:月
リレー小説 七
1/21更新                 執筆者 河東皐月さん

『本部から1986-DSMR2へ』
『こちらDSMR2』
『先ほど、お前から緊急事態時の信号を当方が受信した。何があった?』
『……はい。排除対象の未確認物体と戦闘中の隊員二名を発見し、双方武器ロスト、隊員の死亡は必至と判断、援護攻撃としてパターンαを開放しました』
『懸命な判断だ。より効率的に対象を排除せよ』
『はい。隊員二名とともに新グループを結成しました。以後、行動を共にします』
『分かった。ただ、お前はあくまで観察者だ。その二名の隊員との共同戦闘が不可能なような事態になれば、そのときは……分かっているな?』
『……はい、マスター。プロジェクトの迅速な完遂のため、グループβを離脱、新たなグループ結成に尽力いたします』
『尽力ではない。死力を尽くせ』
了解、と発信した後、ミス・デイジーは本部との通信を止めた。ミス・デイジーの後ろにはカジタとサトウが続く。二人の間には、『海』到着直後とは違い、緊張が張りつめていた。いつキメラ級の怪物が出てくるか分からない。『気を抜けば死ぬ』、そんな武士道のような文言が絶えず、脳に、神経に、精神に、警告していた。

 「未確認物体発見。前方数十メートル」
空気が張りつめた。カジタは予備の銃があることを確認する。サトウは日本刀を握り直した。
「俺が奴をギリギリまで引きつける。そこまでくればコッチのもんだ。命中率隊トップの俺だ。狙ったら逃さないぜ。サトウさん、アンタ、銃は使えるか?」
「ガキの頃に、エアガンやったくらいだが……」
「ハハハ! 実弾とBB弾じゃあ全然違うぜ! 今後のためだ。近距離ばかりじゃ太刀打ちできねえ奴も出てくるかもしれねえ。練習あるのみだぜ。ほら!」
カジタは、ひょいと肩にかけていた小銃をサトウに投げた。サトウは、小銃を受け取り、ハンドガンサイズのものかと思っていたので、その大きさと形状に目を丸くした。サトウが渡された小銃を好奇な目で見ていると、銃口とは反対の端の方に”kazita”と白く書かれているのを見つけた。
「そいつは、俺が入隊当初から使っていた銃だ。地球だと、重量感があって持ち運びも容易じゃねえんだが、月ってのは面白いねえ。ここじゃあ片手で投げられちまうくらい軽いんだぜ!」
サトウは人の心が容易に理解できるほど器用な男ではなかった、が、カジタが言わんとしていることは、不器用なサトウでも理解できた。そんだけアンタを信頼している、と。
「……おっと、笑ってる場合じゃねえな」
サトウは視線を前方に移す。相変わらず遠くまで見渡せるこの不愉快な殺風景の中に、こちらへゆっくりと近づいでくる、一体の巨大生物が、いた。
「私が分析する限り、対象はキメラほどではありませんが、体長は……五,六メートル。ですが、飛行可能です。気を抜かないで下さい」
「「言われなくても分かってるぜ」」

「来るぞ!」
大きな図体から翼が現れた。翼を広げ、一回、二回と大きく翼を扇ぐ。ゆっくりと一行に近づき、周りを旋回する。その姿が、目に映った。孔雀のような羽をもち、胴体は薄緑と黄色が波打っている。まるで金の粉をまき散らしながら、優雅に飛び回る鳥のようであった。
「……綺麗だな」
サトウが思わず呟いた。
「サトウさん、ボケっとしてないで、援護してくれ! あくまで今は奴を引きつけるための弾だ。あんま弾を無駄にしないでくれよ」
サトウは、慣れない手つきながら、銃口をそれに向ける。ミス・デイジーも武器を銃に変え、それに向ける。まず、カジタが一発打ち上げた。すると、銃声に気づいたのか、素早い動きで頭をカジタに向け、突っ込んできた。
「ギリギリまで縮めて……。スリー、ツー、ワン! 今だ撃て!」
三名はそれ目がけ、射撃を集中させる。連射! 連射! 鳥のようなそれは、血しぶきを撒きながら数メートル前方に落下した。
「よし! サトウさん後は頼んだぜ!」
サトウは頭を縦に振り、腰から日本刀を抜いた。
「これでしまいだぁぁぁぁぁぁああ!」
サトウは鳥のようなそれの頭を一刀のもとに切り裂き、止めとばかりに頭に刀を突き刺した。
サトウはそれが息をしていないのを確認した後、ミス・デイジーとカジタのもとに向かった。
「素晴らしいです、お二方。あの物体はなかなかに手ごわい相手と分析していましたが、こうも早く排除することができるとは……」
「俺も、ここまでうまくいくとは思わなかったが……。アンタたちのおかげかな」
「いえ、私が撃った弾は五十四発。その半分は外れました。しかし、カジタの撃った弾は二百発を超えます。しかも命中率は九十五%を超える。数値からみて、私が今回の戦闘でさほど貢献していないのは明らかですが?」
「……いや、そういうことじゃないんだがな。調子狂うなあ全く。せっかく感謝してるんだからよ、あれこれ口出すもんじゃねえよ」
「そういうものなのでしょうか? 私には感情というものがインプットされておりませんので……」
「じゃあ、データにでも書き加えておくことだ」
ポン、とカジタはミス・デイジーの頭に手を乗せた。
 「なあ、サトウさん」
カジタは意を決した面持ちで、サトウに振り向く。
「アンタ、このプロジェクトに参加した動機って金のためだって、前言ってたよな」
「……ああ。それがどうかしたか?」
「それだけってのはおかしくないかね」
「お前に言われたくはない」
「ハハハ、違いないねえ~」
いつもの気の抜けた表情をしながら、カジタは笑う。
「このチームのため、ってのはどうだ? グループじゃなくてチーム、な」
「は?」
サトウはカジタの突拍子もない言葉に呆然とする。
「そのままの意味さ。俺さ、このチームは最強だと思うんだ! 向かうところ敵なしだろ!」
「まあ確かに……」
「金とかさあ、そういう自己満だけじゃあモチベーションあがらんっしょ。金のために死んだっていうより、仲間のために死んだっていったほうがかっこいいだろ~」
「お前、死ぬ気なのか」
カジタはこれまでの気の抜けたような表情から一転し、目つきを鋭くし、表情を硬くした。
「死ぬ気はない。死ぬ気で生きるさ。ただ、もし、万が一にでも、死ぬようなことあれば、自分のためにでなくアンタらのために死にたい」
今までに見たことのないカジタの真っ直ぐな目を見て、サトウはそれが冗談ではないことを悟った。
「カジタ。俺はお前が思うほど仲間思いの、精神の清らかな人間じゃない。金のためなら、何でもできる自信がある。お前を裏切ることも。だが、今、ほんの少しだけ、お前の言っていることも悪くないとも思ってる。……死ぬのは御免だが」
「ハハハ! それでこそアンタらしい答えってもんだ!」
 二体の怪物を倒した後、三名の結束は固くなったように思われた。
しかし、ここは月の『海』。常識の通用しない世界。物語はいよいよ終幕へと向かう――。


←前の話              目次へ            次の話→
スポンサーサイト
DATE: 2013/01/05(土)   CATEGORY: テーマ:月
リレー小説 六
1/05更新                 執筆者葛もちさん

シャトルが月への着陸準備に入る直前まで遡る。その時、アームストロングは地球上での出来事を反芻していた。

「今回の、作戦には賛同しかねます」
 アームストロングは、テレビモニタ越しの三人の人物へ意見を伝える。内容は、月の海に関する件である。理由を尋ねられたため、彼はそれを答えた。
「一つは、『海』の中にはレゴリスが見当たらない。また、重力、空気の酸素濃度が地球上のそれとほぼ等しい。私は、それに作為的なものを感じます」
 一息吐いて、言葉をつづける。
「そして、先遣隊からの連絡が約5日後には途絶えた点です。今では、生死すらわかりませんが……彼らに関する情報を解析してからでも遅くはないかと」
 NASAの極秘プロジェクトとはいえ、二の轍を踏むこと。なにより、殊更に人の命をないがしろにする真似は避けたかったためだ。
「それは、君の私見にすぎないだろう」
老年の男性が、怒気を孕んだ言葉を放つ。モニタ越しでありながら、射抜くような青い目。自然と空気は張り詰め、自身の手は冷たいにも関わらず、汗ばんでいた。
「君は、なにか勘違いをしてはいないかね」
 次いで言葉を放つのは、銀縁メガネのインテリ然とした男。
「これは、人類の偉大な一歩となるものに他ならない。多少の犠牲は目を瞑るべきだろう」
 その言葉に、唇を噛む。こちらを一瞥し、二人の男は通信を一方的に切る。
「なにが、人類の偉大な一歩だ。他国に先を越されるのを恐れているだけだろう」
 アームストロングは、言葉を愚痴る。
「そう言いなさんな、彼らも必死なんですよ」
彼に言葉をかけたのは、日本支部の那須野だった。二人は同期であるため、自然と雰囲気は砕ける。
「しかし、上の方々は不祥事をもみ消したがるものなんですね」
辟易といった素振りをしながら那須野は呟いた。
「どういうことだ?」
漠然となにかを感じた彼はモニタ越しに詰め寄る。
「実は、先遣隊のデータは既にまとめられているんです。それで、生物を確認できました」
「どういった生き物だったんだ?」
「それがですね……」
間を空けて焦らす那須野を半眼で見つめる。
「そんな眼でみないでくださいよ、恐いな。端的に言うと怪物……でしょうか。画像を送りますよ」
送られてきた画像には、緑色の膜を背景に棍棒を手にした人のような生き物が写っている。だが、顔の中央に大きな眼が一つであった。
「ちなみに、大きさは5mほどあるそうです」
その言葉に、深いため息が出ただけだった。
「……どうして俺に教えた」
しばらくした後に、口にしたのはそれだった。
「どうせ、近い内にわかることです。もっとも、オブラートに包んだ形になるとは思いますが……」
再度、ため息を吐く。ふと、気になったことを尋ねてみる。
「そういえば、君の選んだ生贄は誰なんだ」
「生贄とは、時代錯誤ですね。カジタというエリート。それとサトウという民間人です」
その言葉に、自然と顔が強張る。
「民間人……正気か?」
その問いかけに、那須野はニンマリとした笑みで肯定して言葉を続ける。
「ええ、正気です。彼は民間人ではありますが、腕は確かです。現代に生きる侍といったところでしょうか?」
「サムライとは、それこそ時代錯誤だな。」
そんな言葉を交わしながら、さらに情報を引き出そうと試みるが那須野にかわされていった。
「ところで、いいワインが入ったんです。よかったら、一杯やりませんか。」
 結局、その言葉に追求をやめて、彼はニンマリとした笑みを浮かべる。
「ぜひ頼む、そうだな……月から帰ったらやるとしよう。まだまだ聞きたいこともあるしな」


 そんな回想は、警告音により妨げられる。
「着陸準備に移行できない……だと……」
着地時点直前にまで、迫った時であった。機械類に不備はない。
なにかに、吸い込まれていくようであるため、着地態勢へと移行することができないのだ。
「悪いな、那須野。約束は果たせそうにない」
それが、アームストロングの最後の言葉となった。



←前の話              目次へ             次へ→     
Copyright © リレー小説. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。